フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

心のセラピー

2018年1月19日 (金)

心が軽くなる♪ " 気になること " への対処法

心が " 気になること " に

引っかかって

頭から離れない。

そんなときも

ありますよね。

そんなときの

最高の対処法は

【気になる気持ちを

 かき消すことに必死にならないこと】 。


気になることがあるのなら、

とことん

気にしてみたらいいのです。

Building2560843_640

『この箱の中身を

 絶対に見てはいけませんよ』

でも、その箱が、

自分のそばに置かれていたなら

どうしたって

気になるものです。

逆に、

何も言われなければ

そんな箱があることさえ

気づかなかったかもしれないのに…。

Christmas3041128_640

【気にしすぎる自分が嫌】

などと思って

" 気にしない " ように

すればするほど

" 気になって " しまうもの。

それは当然のことなのです。

気にしすぎる自分を

安心して

自由にしてあげてみては

いかがでしょう ?

「気にしたければ、

 とことん気にしたらいいよ」 と。

マイナスなことを

深追いしているときというのは

不快な気持ちになることが

多いので

自然と

「気にしなければいい」

という気持ちになります。

が、それがいつしか

【気にしてはいけない

という " するべからず " になってしまうので

余計に気になるのです。

抑えつけようとすればするほど

逆に反発するのが

心というもの。

自然な気持ちを

コントロールしようとせず

自由にさせたら

心はおのずと

楽しみのほうへ

歩き出すものです。

「気にしたってかまわないよ。

 いくらでも

 付き合ってあげるからね」


***** ***** ***** *****

 

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com

 

なにしろ全部聞ききる。
⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

 

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

 

***** ***** ***** *****

2017年10月27日 (金)

【トラウマを癒すこと】がなぜ必要なのか

【トラウマを癒す】ことは

なぜ必要なのでしょうか。

過ぎるトラウマ

未解決のまま

心の奥深くで横たわっているトラウマは

■ 願望成就のさまたげになる ■ 場合が

あるからです。

People2589639_640

「引き寄せの法則」を実践していても

なかなか成就しない場合

その人自身のなかに

・幸せになることを恐れている

・多くを望むことに

 うしろめたさを感じている

・ " 望み通りの自分になれるわけない " といった

 自分自身に対する間違った低い見積もり

といった潜在意識があることが

見いだされます。

それらはすべて

「心の定義」。

それぞれが 何かに対して

決めつけていることです。

一般的に

「幸せになることは よいこと」

であるにもかかわらず

また、頭ではわかっているにも

かかわらず

心のなかに、例えば

【幸せそうにしていたら ねたまれる】

という定義があったとします。

すると

幸せになると ねたまれる

怖い・嫌だ

だからそうならないほうが安全だ

という結論を出してしまうのです。



そうすると、恋愛では、

デートしはじめた彼と

いい関係になりつつあるところで

なぜか自分から

関係を壊してしまう、とか

仕事で評価されて

昇進できるかも…というところで

上司とケンカしてしまう、など

「頭でわかっているのに」

逆のことをしてしまうということが

起きてしまいます。

心は

【苦痛なほうが安全】 だと

定義しているからです。

Frustrated2681484_640

このように

幸せになることや

多くを得ることに

罪悪感やうしろめたさを持っている人は

少なくありません。

その背景に

子どもの頃から

ハッピーでお調子に乗っているとき

親が一緒に喜んでくれたのか

それとも、そういうときに限って

親が不機嫌になったのか

あるいは

自分がうまいことやったとき

お友だちが一緒に喜んでくれたのか

それとも、悪い噂を立てられ

仲間はずれにされたことがあるのか、など

過去のトラウマ体験が

■ 願望成就のさまたげ ■ に

関係していることは多いものなのです。



***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年10月12日 (木)

LINEの返事がない…気になって仕方がないときの対処法

LINEの返事がないと


自分が送った内容や

言い回しがマズかったのでは…と

思い悩んでしまい


様子見のLINEを送っても

既読にならなくて悶々とする。



こんな悪循環を経験している人も

少なくないようです。




Smartphone569076_640



こうした傾向が強い人は


何ごとにも

【深追いしない練習】 をしてください。



たしかに「言葉じり」を

気にする相手もいるので

気にはなるものですが


そういう人に対して

こちらが神経質に関わると


相手も知らないうちに

こちらから

" 期待どおりの表現 " を期待するようになります。



そうなると


はれ物にさわるような気分で

相手と接しなければならなくなります。




People2592011_640



何かと


「自分のせいだ」

「自分が悪かったから

 相手は気分を害したのだ」


などと思う必要はありません。



逆に


「なーに、へんな人」


と思うくらいでよいのです。



そして自分自身に

「気にするところじゃないからね」 と

言葉がけをしてあげて


自分の味方になってあげましょう。



子どもの頃、なにかと

『悪いのはあなた!』

と躾けられていると


人の不機嫌は

自分に原因があると思いがちですが



人の機嫌など

その人の問題なのです。



ですから、気になって

連絡しようかどうかと考えはじめたら


「そこまでケアする必要なし!深追いしない!」 と


声を出すようにしましょう。



これをしてみると

うれしいオマケがついてきます。



それは、逆の立場になったとき、


他者の言葉じりを

へんに詮索して傷つくということがなくなるという、

ありがたいオマケです。



相手の気分は相手にまかせると

自然と自分も強くなるものなのです。



***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年9月 7日 (木)

イメージヒーリング…「光のシャボン玉」



誰かに苦しめられていると
感じたときに よく考えてみると


相手は
【私を苦しめることを目的にはしていない】
ということがわかります。



ただ相手は
【自分の思い通りにしようとしている】だけ。


だから私が
被害的な気持ちになることはないのだ…

そう思っても
苦しいということがあります。



相手に振り回されて
たまるものか、とか

相手のことを
「かわいそうな人間なのだ」と
思ってみたりもする。


けれどもやっぱり苦しくて

「あの人に変わってもらわないことには
 この苦痛はなくならない」

などと八方ふさがりになる。



あなたを苦しめているその人が
満足になり 安心を得ることができたら


その人の あなたへの行動は
変わってくると思いませんか?




あなたは

その人が満足に穏やかになることを
許可することができますか?


心からそれを応援し
喜びと安心の中で暮らしてくださることを
心から願うことができるでしょうか?


今までは
あなたがその人のことを
「どうにかしなくちゃ」と
考えていたかもしれません。



手放しましょう。
肩の荷を降ろすことにしましょう。


Soapbubbles2581375_640_2

★ イメージヒーリング「光のシャボン玉」 ★



その人の心を
光で包んであげましょう。



深呼吸しながら
その人のことを想像してください。


その人が

あたたかな やさしい光に包まれるのを
思い描いてください。


あなたも
あたたかな 美しい光のなかで
安心しています。



その光は
愛と可能性の光です。



宇宙の無限のエネルギーです。



その光の中にあって

その人は
完全な安心と満足を体験しています。



それぞれが光のシャボン玉のなかで
浮いているようなイメージです。


とても平和です。


とても美しく おだやかで 安泰です。



シャボン玉の中
至福のまなざしで


お互いに手を振りあっています。




***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年8月26日 (土)

気になって気になって仕方がないときの対処法

気になって気になって仕方がないのに

「気にしすぎだよ」 といわれると

余計に落ち込んでしまうこともあります。

確かに「気にしない練習」を積み重ねて

「なーんだ」 と

意外と簡単に " 気にしすぎ " から

抜け出せる場合もあります。

それでも

どうしても気になる場合は

「不安に押しつぶされそうになっている自分」こそ

強いものに育て上げる必要があります。

Girl470690_640

それには

「不安」な感情に対して

【感情免疫力】をつけること。

「不安」な感覚を毛嫌いせず

【マイナス感情】を味わってしまうことです。

まずは「不安」が芽生えてきている

心の状態を感じ取ること。

そして実際に

自分の胸のあたりをなでるなどしながら

不安になっている感覚を

味わうのです。

「不安だね、よしよし」 と

不安におびえる心に共感して

言葉をかけます。

マイナス感情を味わい

受容することができたら

「だいじょうぶよ、

 安心して楽しんでいいよ」 とか

「失敗してもだいじょうぶ、

 安全だからね」 と

楽しむことや

チャレンジすることに

安心感を与えてみましょう。

これを続けていると

不安に圧倒されている自分から

不安をコントロールできる自分に

変わることができます。

味わい、受け容れ、言葉がけをするということを

行なってくださいね。


***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年8月17日 (木)

今すぐできる!不安解消法


今すぐできる不安の解消法、

それは


【最悪の事態を想像しつくしてみること】。


これは

恐れへの執着心を手放すことに

有効に働きます。

Beauty354565_640

「どうして不安になるのか」

ということを突きつめていくと

多くは

「失敗したらおしまいだ」

という【恐れ】に

心が占領されているということが

わかります。

「あってはならない」

ということばかりに気をとられ

余計に心配し

気に病む。

日々楽しめない、眠れない、

ということにさえなる。

一事が万事そのような思いに

占領されている人は

「何のために生きているんだろう」 と

悩むことにさえなります。

Building2560843_640

セラピーの中で

「失敗したらおしまいの【おしまい】とは?」 と

予想の限りをあげていただくことがあります。

「倒産するかも」

「離婚するかも」

「自殺するかも」

「(病気の家族が)死んでしまうかも」

などという答えが返ってきます。

そこで

「ほかには?」 と想像していきます。

すると

「どうにか借金を返済して家は残る」 とか

「離婚せずふたりでがんばる」など答えるのですが

そのうちに

いくらでも予想や選択肢があることに

気づくことも多いのです。

つまり

最悪の事態にばかり

気をとられていたから

その妄想に追い詰められていたのだ

ということに気づきます。

そのとき

心が楽になることもあるのです。

考えたくもない

想像さえしたくないと思っていた

「最悪の事態」を突き詰めてみても

命が奪われるということは

まずないし

責任さえとれば

謝ってすまない問題など

そうそうありません。

さらに

「もしそうなったら、そのあとどうなる?」 と

現実的な場面を想像し

その中で

自分がどうしているかみてみます。

すると

(仮に家族が亡くなった場合でも)

本人は必ず

その後も生活を続けていくのだということが

よくわかります。

このとき【恐れへの執着】が

解けていくのです。

心の中で「どん底」を経験してしまう。

このような方法も

ひとつの不安解消法なのです。



***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年8月13日 (日)

「考えすぎ」「悩みすぎ」の解決法

個人セッションなどで

お話をうかがっていると

『でも…でも…』 と

考えが

悩みのほう・悩みのほうへとばかり

進んでしまう思考グセの人がいます。

そうなると

「ああ言えばこう言う」状態。

【でもとでもの壁打ち状態】

と私は呼んでいるのですが

【でもでも思考】で

自分自身を八方ふさがりに追い込んでいることに

本人は自覚がないんですね。

あれこれ考え

言葉にしているのは

本人自身なんです。

Summer2468221_640

「あなたがそれを選択しているんだよ」

ということを伝えるため

私は荒療治のつもりで

時々こう伝えることがあります。

「そういうふうに考えて悩むことを

 選んでいるのよ。

 じつのところ、あなたは

 悩んでいたいということなんじゃないかしら」

素直に認められる人もいれば

そんなことはない、

そんな自分がこんなに嫌なのに

わかってもらえないのか、と

泣いて訴える人もいます。

Women2514359_640

不安や心配は

行く手に生えた「雑草」のようなものです。

「雑草を刈って

 すっきりしてから山登り」

なんてことはできません。

一時的に

「だいじょうぶ」と思える保証を

引きだすことができても

また生えてくるのが雑草。

不安を刈りとるより

「どうなりさえすればハッピーか」

そちらを考えるのです。

言い換えると

そちらをしっかり見ていないから

「でもでも」と

足もとの雑草に気をとられてしまうのです。

雑草に呼び止められても

「はいはい、よしよし」

とだけ返事はしても

顔まで向けない。

頂上での楽しみだけに

顔も心も向けて、一歩ずつ。

なにしろ自分は

「どうなりたいのか」。

これをしっかり描いて

「しのぐ」「保留にする」「やりすごす」

ことを身につけていきましょう!

***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年6月 6日 (火)

無理してしまう人の心理



「したいこと」

「欲しいもの」を


どんどん自分に与えることができる

自在な自分になりましょう!



それと同時に


【無理や我慢をしすぎないこと】も

当然のレベルにしたいものです。



Young422332_640



無理したときばかり

評価される・認められるということが

長年習慣づいていて


心のなかで

その状態を求めていると


ついつい人のために

がんばりすぎてしまいます。



その場合


我慢しただけに 見返りがないと

傷ついてしまうものです。



実際の見返りだけでなく


感謝される

ほめられる

認められるということも含まれます。



それは要するには


注意を向けてもらえる、つまり

【愛されているという感覚】を

得られるということでもあるのです。



けれども


自分が無理しないと

愛されない、認められない


あるいは許されないというものが

そもそもおかしなことです。



無理や我慢をしすぎること自体

不健康なことなのですから。




Beautiful71493_640



自分自身にやさしく

無理させないということを

「与えてあげる」習慣をつけていきましょう。



これらの練習は

願いを叶えるうえでも大切ですが


これからの関係や

環境づくりにも影響してきます。



いつも自分ばかり疲れて


「いい人」

「都合のいい」ように扱われることを

自分の当たり前にしていると


これから出会う人にも反映され


似たような関係を築くことが

予想されますから



今のうちに


「自分をだいじに」

「自分のために」 を基準に


日常でのシンプルな言動の習慣を

変えていきましょう。


***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年5月22日 (月)

不安に飲み込まれそうなときは



不安に飲み込まれそうとか

不安でたまらないということも

ありますよね。



そんなときに

かき消そう・かき消そうと

必死になるのはNGです!



エネルギーを注ぐことで

反対勢力(この場合は不安)は

ますます強まるものだからです。



不安に飲み込まれそうなときは

いったんゆるんで、深呼吸。



【不安を感じている心】を

味わい、共感しましょう。



「不安だね。

 よしよし、だいじょうぶ」



不安に飲み込まれそうなときは


こんな言葉がけが

効果的です。




Girl1031641_640



生きている限り

「不安」はあるものです。


こうして生きている限り


実感があろうとなかろうと

「病老死苦」といって


老いや病い、

死に対する恐れや苦しみがあるのは

当然なのです。



ですから、まずは

【不安であることも自然】として


共感的な言葉がけで


自分にやさしく接することを

覚えましょう。



「不安だね、よしよし」と

受容と共感をします。




ただ

不安傾向でいるということが


「生」への喜びや希望より


「死」への恐怖や不安に

自らの意識がフォーカスされていることに

気づくことも大切です。



不安にとらわれているのは


足元の雑草にとらわれて

山登りができないようなものです。



そこで今度は


「だいじょうぶ」と

安心を与える言葉がけをします。



「いま、ここ」で生きている私。


いきいきと

ハッピーに生活しようとしている私。



その自分を

いかに満喫するか。



雑草にではなく


登りたい山に

咲かせたい花に


意識をもっていきましょう。


***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

2017年5月18日 (木)

幸せになりたい人が【してはいけないこと】とは

幸せになりたい人が

【してはいけないこと】

それは

何かのために

誰かのために

「無理する」「我慢する」

といった

【苦痛な生き方】です。

Angry2191104_640

子ども時代は

それらができたとき

ほめられ 評価されます。

我慢を通してやり遂げる力や

利他的な心が養われるでしょう。

けれども

そこから脱皮、あるいは

徐々に抜け出さないと

被害的・犠牲的な状況に

耐えているときだけ

「評価される」というパターンの人生を

創り出してしまうことになります。

子ども時代に

親からほめられ 評価されるということは

子どもにとっては心理的報酬であり

安心感を得ます。

その積み重ねで

自分は受け容れられ

愛されている存在だという

心の安定を獲得することができます。

逆に

ひどく怒られたり無視されたりすることは

心理的危機感を伴う不安な感覚で

積み重なることで

「自分は受け容れられない存在だ」という

低い自己イメージや

自己否定感を獲得してしまいます。

仮に

犠牲になり辛そうにしているときばかり

親が「もういいよ」と許してくれたり

やさしくしてくれたりという習慣があると

大人になっても

同じ状況や関係が

パターン化されやすくなります。

「トラウマ関係の再現性」といわれるものです。

問題のある人とばかり

付き合ってしまうようなことも

非意識に必要とされ

それに応えることで

「許される」

「認められる」

「受け容れられる」

という安心感を得ているという

心理があります。

そうした形で

安心を得ているという意味で

こちらも相手に依存しているといえます。

これを共依存といいます。

付き合う異性や配偶者に限らず

病気がちな家族や

問題のある子どものために

犠牲を余儀なくされているというケース

いつも緊急事態で

呼び出してくる友人なども含めて

トラウマ関係の再現という形で

共依存的な人生を送っている人は

決して少なくありません。

「無理したとき安心」

「らくなとき不安」という

心の定義で長年やってきはしなかったか

見直してみて

健康で生産的な定義で

人生を生きていきましょう。

***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

より以前の記事一覧