フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« プライベートセッション&セミナー | トップページ | 得する心の姿勢とは »

2018年5月 4日 (金)

傷つきやすさはどこからやってくるのか

" 傷つきやすさ " は

一体どこから

やってくるのでしょうか。

傷つきやすさの

元をたどると、

" 欲求不満 " が

みえてきます。

Angry2191104_640

いいことがあれば

上機嫌でハッピー。

悪いことがあれば

不機嫌でアンハッピー。

ストレスがなければ

「最近調子いい」。

ストレスだらけなら

「調子悪い」。

そのあたりは、

誰でもみな同じですよね。

けれども、

他者や出来事次第で、

ハッピー、アンハッピーが決まるのも、

どこかくやしい。

もったいない気が

私はするのです。

克服するには

どうしたらいいのか。

ストレスも苦悩も

自分のエゴ。

欲求不満なのだと

認めてしまうことです。

Ok2385794_640

人の言葉に傷ついたり

腹を立てたりするのも、

そこには

【欲求】や【期待】があるから。

自分自身にもどかしさを感じ

イライラするのも、

そこには

欲求や期待があるから。

期待がはずれ、

欲求が満たされないから、

私たちは傷つく。

泣いたり怒ったりするのは

欲求不満の結果なのです。

ただし、

「エゴ」という言葉も、

「欲求不満」という言葉も、

決して悪い言葉では

ありません。

あってはならない、

なってはならないものでも、

もちろんありません。

なぜなら、

自我(エゴ)や欲求があるから

目的、目標ができます。

欲求が満たされることは

満足なこと、幸せなことです。

ですから、

欲求不満を見いだすことは、

幸せに欠かせない

よいことなのです。

ただ、自分自身の感情を吟味する力、

【感情免疫力】が低ければ、

それらの不快感情を受け容れることが

苦手です。

そこで、

不快に共感でき、

感情免疫力が高まれば、

不快感情を味わいきることが

できるようになる。

つまり、

欲求不満に耐える力、すなわち

欲求不満耐性がついてくるわけです。

「手に入ると勝手に決め込んでいたのは、

 この私か」

「期待がはずれて

 こんなにがっかりしているのか」

「腹を立てているのも、

 期待が外れてのことか」

とすんなり認め、

不満な心も自然と、

抱きしめてしまいましょう。

そうすれば、

これまでのストレスや

不要な感情的波立ちから、

かなりすっきり解放されること

間違いなしです♪




***** ***** ***** *****

 

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com

︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

 

セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

 

***** ***** ***** *****

« プライベートセッション&セミナー | トップページ | 得する心の姿勢とは »

心のセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プライベートセッション&セミナー | トップページ | 得する心の姿勢とは »