フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 人の顔色が気になってしまいます… | トップページ | 日常で簡単にできるエネルギーチャージ法 »

2017年5月18日 (木)

幸せになりたい人が【してはいけないこと】とは

幸せになりたい人が

【してはいけないこと】

それは

何かのために

誰かのために

「無理する」「我慢する」

といった

【苦痛な生き方】です。

Angry2191104_640

子ども時代は

それらができたとき

ほめられ 評価されます。

我慢を通してやり遂げる力や

利他的な心が養われるでしょう。

けれども

そこから脱皮、あるいは

徐々に抜け出さないと

被害的・犠牲的な状況に

耐えているときだけ

「評価される」というパターンの人生を

創り出してしまうことになります。

子ども時代に

親からほめられ 評価されるということは

子どもにとっては心理的報酬であり

安心感を得ます。

その積み重ねで

自分は受け容れられ

愛されている存在だという

心の安定を獲得することができます。

逆に

ひどく怒られたり無視されたりすることは

心理的危機感を伴う不安な感覚で

積み重なることで

「自分は受け容れられない存在だ」という

低い自己イメージや

自己否定感を獲得してしまいます。

仮に

犠牲になり辛そうにしているときばかり

親が「もういいよ」と許してくれたり

やさしくしてくれたりという習慣があると

大人になっても

同じ状況や関係が

パターン化されやすくなります。

「トラウマ関係の再現性」といわれるものです。

問題のある人とばかり

付き合ってしまうようなことも

非意識に必要とされ

それに応えることで

「許される」

「認められる」

「受け容れられる」

という安心感を得ているという

心理があります。

そうした形で

安心を得ているという意味で

こちらも相手に依存しているといえます。

これを共依存といいます。

付き合う異性や配偶者に限らず

病気がちな家族や

問題のある子どものために

犠牲を余儀なくされているというケース

いつも緊急事態で

呼び出してくる友人なども含めて

トラウマ関係の再現という形で

共依存的な人生を送っている人は

決して少なくありません。

「無理したとき安心」

「らくなとき不安」という

心の定義で長年やってきはしなかったか

見直してみて

健康で生産的な定義で

人生を生きていきましょう。

***** ***** ***** *****

リズ山崎の「引き寄せメソッド」を
もっと学びたい方は
【レッスン365】へ
ご登録ください(無料)
http://hikiyose-taishitsu.com/?p=20
登録時限定プレゼント
「愛と豊かさのブロックを外す動画&音声」

***** ***** ***** *****

⚫︎リズ山崎の引き寄せメソッド大事典はこちら

http://hikiyose-taishitsu.com

⚫︎Youtubeにも
随時 動画や音声をアップしています
YOUTUBEチャンネル登録

⚫︎セミナーの最新情報等はこちら
http://hikiyose-taishitsu.com/?page_id=1932

***** ***** ***** *****

« 人の顔色が気になってしまいます… | トップページ | 日常で簡単にできるエネルギーチャージ法 »

心のセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の顔色が気になってしまいます… | トップページ | 日常で簡単にできるエネルギーチャージ法 »