フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 「大好き!」 | トップページ | 「大好き~!」 »

2014年7月14日 (月)

"不幸"に戻ろうとする「防衛機制」???

こんにちは~sun
今日は、秋の学会発表の演題 抄録の締切で、ブログの更新がこの時間になってしまいました!やれやれ、ぎりぎり間に合いましたsweat01 楽しみ楽しみよかった大好き~!

*****
個人レッスンしてみるとことごとくわかることと言うのは、結局のところ、「願望」の方向へ行かせまい・行くまいとする心理とは「心理的防衛機制」だということです。

つまり、人それぞれ違いますが、泣いたり困ったり怒ったり病弱だったり悩んだりするとき、ケアされる・許される・注意を向けられる・困難な状況を免除されるなど(多くは幼少期からの)経験から心が覚えている場合、そうした状態でいることが「安全領域」なのであって、従って願望が叶う新たな現実は、安全ではない「危機的領域」かのように間違った認識をしてしまっているということなのです。(辛い状況でも子どもにとって「家庭」などの基本的居場所は安全な場所と認識しているからです/いつも怒鳴られて否定されて泣いているとかいう場合でもそこが自分の安全域。だから心はいつもそこへ戻ろうとする。これが心理的防衛。)

だから、うまくいくとか、愛されるとかそういうことを望んでいるのに、ここぞというときに、たとえば、ある関係のなかで頭でわかっているのにその反対の感情的な行動をとってしまうとか、受け取ればよいところで拒否してしまったりなど、「またやっちゃった」ということがあるのです。

そんなとき、自己嫌悪、ということがあますが、そこでとりあえず、そうせずにいられない部分に「防衛」という心理的な働きがあったのだということに気づいておいてあげると、反発・抵抗はずっと少なくなることと思います。

だって、自分の安全のためにそうしているのに、そこをまた自責しては心は余計に混乱してしまいますから。そこて、今まではそうだったけど、これからは違うのよ、ということをアファメーションなどで再入力してあげるということが有効になるわけです。

自他の、ついやっちゃう言動を、「防衛機制」に重ねて観察してみると、色々な意味で理解が深まり、これまでの引っ掛かりがとけていくことと思います。

****
今日も口角上げて深呼吸。
「すべてはうまくいっています」

すべてに最善最高の意味があります。
見える現象にとらわれ、一喜一憂せず、すべてが願望成就のプロセス、成長あっての成功。そうとらえて、今日もいきいき前向きにいきましょ~clover
****
マリンタワーの残り席は、現在あと2席です。お早目にお申込みください!

« 「大好き!」 | トップページ | 「大好き~!」 »

♪一日のはじまりに♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大好き!」 | トップページ | 「大好き~!」 »