フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「せーの!」でその都度、パワフルに | トップページ | ゆったりいけば、うまくいく »

2010年5月26日 (水)

執着について

今日も心軽やか、前に向かっていきましょう!

時間は絶えず前方へ進んでいます。

あなたも今、目指す自分へと向かっているところです。

どうなりたいか、なにをしようとしているのか、気持を前へフォーカスして、今日一日すべきことをしていきましょう。

もちろん、今日の自分にとって、すべきことがたっぷり休むとか、考えるということもあるかもしれません。が、悩ましくあることのないように。

すべてはうまくいっています。

今は、願いを叶えるそのプロセス。

今日も自分自身をたっぷり愛して、たっぷりケアして、よしよしして、褒めたたえて、素晴らしい力があることを自分に教えてあげながら、一緒に手をとり、前へと歩んでいきましょう!

だいじょうぶ。あなたには、で き る!

****************(ここからちょっと長いです。「執着について」です。
目標や願いを祈るとかアファメーションをするということも大切。
でも、執着を手離すことも大切、そういわれて混乱することがあるかもしれません。
(前日のコメントでの疑問にお答えする意味も含めて、それについて少し書いてみようと思います。)

それは、どちらがいい、どちらが正しいということで、ひとつの秤にのせられるものではありません。
「次元が違う」というふうに考えるとよいと思います。
私たちは、いずれにしても、多次元に生きています。

具体的なイメージとしては、
目標に向かってまっしぐらに進む、行動する、という次元(場・時間)もあれば、仲間と楽しく過ごす一日、すべて忘れてエンジョイしよう、という次元(場・時間)もある、ということとか、

トンネルを、こちらから掘る、という作業と、あちらからも掘る、という作業という感じでしょうか。

これをやりさえすれば(願いが叶う)、という方法たったひとつ見いだすことができればいいかもしれませんが、そうはいきません。

健康にるには、「運動」という人もいれば、「食べ物」とか「睡眠」という人もいる。
そのまた下位には、運動のなかでもストレッチだとか低酸素運動だとか、食べ物の中でも「玄米菜食」だとか「ニンニク」だとか、色々提唱されている。

健康になりたくて、やってみたけど、なかなか効果が出ない、「一体どれなの~?」といったとき、「あなたの体質(持病)だから、その体質と付き合いながら楽しく生活することが健康に生きるということです」というな言葉に出会う。これはひとつ執着から放たれる瞬間だったりします。

つまりは、「とらわれ」のない心で、願いごとに気持や行動をフォーカスさせると効率的だよ、ということなのだと思います。

とらわれ傾向が強いとか神経症的な部分に問題があると見れば、個人セッションですと、そのあたりの微妙な部分をご指導できますが、本などで実践していると、自分への気づきのレベルもまちまちなので、時としてこのような迷いは出てくるものだと思います。

くりかえしになりますが、アファメーションをやりさえすれば叶うはずなのに現実に変化はないというとき、イライラしそうになったり投げやりになったりしますが、そういう気持ちやエネルギーはあまりよろしくない、というところで、そうなるのは執着心が強いから、であるなら、その一旦執着を手離し、宇宙にゆだねましょう、ということで、今度は「執着を手離す」というテーマが出てくるわけです。

そうなってもらわないことには困る、というような気持ちが、恐れとして潜在していないか、そうだとしたら、その部分ははずしたほうが、すんなり進むものだよ、ということで、こっちからトンネル堀したり、あっちから掘ってみたりということなのだと思います。

それから、余談になりますが、私が提唱するアファメーションは、アファメーションを通して、望む現実を受け取ることは「よいこと・素晴らしいこと」など心のマイナス定義を変換するとか、望む現実を受け取ることを「自分にゆるす」「受け取る価値がある」といった自己受容を高めることに主眼を置いてもいます。

「ならなきゃならないで構わないよ」的な、無執着な心が、土台(?)の次元にドカンと安心して座していて、そのうえで、「こうなりたい・なるぞ」という自分の意思力の次元では、がんばったり集中したりということをしていく、ということではないかと思います。

« 「せーの!」でその都度、パワフルに | トップページ | ゆったりいけば、うまくいく »

♪一日のはじまりに♪」カテゴリの記事

コメント

私は8年片思いの恋を手放します。
未来は変えられると執着し努力して来ましたが
彼の答えはNOでした。
彼に出会えてこんなに好きだと思える人が出来たこと。
私の宝物です。
愛してるからこそ彼を尊重し受け入れ認めて幸せを願う。
それも愛なんだと学びました。

執着と手放す事のバランス。
難しいですね

日々残業が続いていて、今日は思い切って休暇を取りました☆

早々に先生のメッセージが拝見できた上に、メッセージが今の自分にドンピシャで、何だか感涙…(;_;)

毎日頑張ってるのに,どうして…と、心身とも疲れちゃって,自分を責めそうになってたので…

本当に勇気付けられました!もう嬉しくて嬉しくて!!

先生のメッセージに日々助けて頂いております☆ありがとうございます!)^o^(

リズ先生、いつも先生のブログやご本たちに、勇気、元気をもらっています。

執着について、詳しく書いて下さって、私なりに理解できた部分があって、とてもとても救われた気持ちでいます。


私事で恐縮ですが、昨年、初めての出産で息子を産むまで、「絶対に女の子を産みたい!」と思っていました。

本当に情けない話ですが、「男の子なんていらない」なんて、高慢な、命を軽視するようなことを、本気で思っていました‥‥。

命がけで出産してみたら‥‥我が子の愛しさに、男の子いらない、なんて言った自分の愚かさを、心から後悔し、分娩台の上で泣きながら、産まれたばかりの息子に謝りました。

今は本当に息子がかわいくてかわいくて、幸せで、感謝でいっぱいです。


女の子が欲しいと願った理由は、自分には男兄弟しかおらず、姉妹や娘がいる友人たちの楽しそうな様子がうらやましかったこと、母も高齢で、この先の人生、同性の身内がいてほしいな、と願ったからです。


正直、今でも、いつか女の子を産みたいな〜‥‥と望む想いもあります。


でもそれは、「女の子じゃなきゃいやだ、だめだ、不幸だ」ではなくて、「今は息子がいてくれて、なんて幸せ! そして、いつか女の子も家に居てくれたらいいな〜なんてね♪
まあでも、それは宇宙にお任せしてみよう!
未来を楽しみにしながらも、とにかく今を楽しんで生きるぞ〜rock


きっとこういうことなんですね。

こうならなきゃ、幸せじゃない、 絶対こうじゃなきゃだめだ、というのは、執着でガチガチな状態で、宇宙からの願いを叶えるエネルギーのようなものを、みずから断るようなものなんですね。

長い文章になり、すみません。

必要なタイミングで、必要なことばが身体に入ってくるものだとも、実感していますo(^-^)o


リズ先生、本当にいつもいつも、ありがとうございます。

リズ先生、みなさんこんにちわhappy01
わたしは前にお付き合いしていた彼のことを半年経った今でも心から解き放すことが出来ません。
執着心ですね‥
付き合っていた頃を思い出しては悲しくなったり、憎しみが込み上げてきたり
今でも仲間同士の交流の中で時々会うし、噂を聞くと胸が痛い。
彼は浮気性で、付き合っていた当時楽しいことも沢山あったけど苦しくてつらいことの方が多くて、彼を信じられなくて私から別れを切り出しました。

そんな彼のことを何故、今でも思ってしまうのか、考えてしまうのか、気になってしまうのか自分の中でまだ答えが出ていません

自分がこんなに執着心が強いということをこの恋愛で初めて気がつきました。

今までの恋はすぐわすれられたのに。

その気がつかなかった執着心が今まで仕事や生活で自分を苦しめていたんだとも気付きました。

自分がいつも不安で不安でたまらなかったこと、見て見ぬ振りをして自分の感じていることから逃げていたこと。

今は自分と向き合って癒やしていく時間、と日々リズ先生の本を支えとして実践している毎日です。

リズ先生、こんにちは。
神奈川県は雨が降っていますね(…わたくし相模原市在住なんですよ)。いかがお過ごしでしょうか。

執着から離れる、これは現在のわたくしにとり、なかなか困難を要するテーマです。

幸せで、明るい未来を生きている自分への執着だったらよいのですが、
わたくしがとらわれているのは、自分以外の他者への執着です。平らに申しますと、数ヶ月前に裏切られてしまった彼氏です。うーん、苦しい(笑)

『最高にハッピーなあなたと出会う本』を、常に手元に置いています。

疑いを晴らしたいのは、信じたいからではないのか。
ならば、信じると決めるがよい。
そのとき疑いは晴れるものだ。

という言葉。

わたくしはしばらくの間、この言葉を一個人にあてはめていたのですが、

最近、気がつきました。

「自分自身に、明るく、建設的な未来がやってくる」と信じると決めたらどうかな?って。

気持ちが軽くなったような気がしました…が、なかなか(笑)

すべては完全、パーフェクト。
今日も口角上げて深呼吸♪がんばります!

リズ先生

「せーの!」で思いも行動も、ありたいなりたい方へ「乗り換え稽古」!
もちろんいつも自分の味方で。
楽しみますhappy01
ありがとうございます!

リズ先生、皆様
今晩はhappy01 はなです

リズ先生ありがとうございました。執着について詳しく書いて下さり、心が軽くなりました。
私は次から次へと いろんな情報に振り回されることが多く、今日は「これだ!」って思っても、また 別の話しを聞いて「やっぱりこっちの方がいいのかな!」って、フラフラすることがあります。
自分に自信がないのですね。
今の私には いろんな方法を取り入れることより、実践やトレーニングが必要なんだと思いました。

子供が不登校でとても苦しみましたが、今は子供への執着はだいぶ手放すことができ、学校へ戻ることが目標ではなく、元気で過ごすことが何よりだって思えるようになりました。
そして子供の不登校を通して、たくさんの気付きがあり、いろんな執着を手放すことができ、私自身の問題にも取り組むことができました。
子供に、不登校に育ててもらいました。私自身が成長することができ、感謝しています。

そして、リズ先生のご本に出会い、皆様に出会えたことに感謝しています。

まだまだわからないことばかりですが、日々楽しんでトレーニングしていきます。
また迷子になったら、お話聞いて下さい。
ありがとうございました。

■みなさま♪
今日も一日お疲れ様でした!

今日は横浜、日が落ちるころから雨で、気温もひんやりでした。
みなさま、いい夢みて、明日も好い日でありますように。

■みちさん♪
ご出産おめでとうございます。
最高可愛い!って感じがとってもよく伝わってきました。
そういう理由で女の子を欲して、もしも女の子が生まれていたら、そのつもりはなくても、みちさんのできなかったことをするために色々と好みを押付けたりしていて、その子にとってかハッピーでない、という理由で、今回は男子!となったのかもしれませんね。
お体大切に。子育てを楽しんでくださいね♪

リズ先生&みなさま こんばんはっ♪

少し前にも別のところで「執着を手離す」とゆう話を聞きました。
私は1年くらい前に振られた相手に未だ執着をしています。自分でも何でこんなに執着をしてるんだろう?とずっと思っていました(元々執着する性格ではあるのですが・・)。
そして、リズ先生からのメッセージ・・やっぱり執着を手離した方がいいよって神様(宇宙)からも言われてるのかなぁ~と・・。
「執着を手放して神様(宇宙)に預けよう!」と決めても心のどこかでそうすれば、彼が振り向いてくれるんぢゃないかと結局、執着してるんですねっ。
彼に対して素直になれず、ちゃんとした想いを伝えれないままに振られてしまったから後悔がすごく残っていて、だからといって今現在何もできない自分がいて・・。
何もできないならできることとして、少しずつ執着を手離していければいいなぁと思います。
何だかよく分からない文章になってしまいました。
書くことで心の整理をさせてもらいました。
ありがとうございます☆

「次元が違う」の説明すごく分かりやすかったです。ずっと疑問に思っていたことでした!!
リズ先生はいつも疑問の答えをくれます(^_^)
ありがとうございます♪♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「せーの!」でその都度、パワフルに | トップページ | ゆったりいけば、うまくいく »