フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 覆いをはずせ! | トップページ | お知らせ »

2009年10月 6日 (火)

素敵な一日でありますように

秋の長雨到来といったところでしょうか。

大地は潤っています。

今日も、一日、大切なご自分を、どう導いていきましょうか。

愛情 やさしさ 穏やかさ 温かさ

自由 気まま 軽やか 柔軟

笑顔 楽しみ 愉快 お笑い

誠実 真面目 忠実 努力 

必要なエネルギー、あなた自身から呼び込んで、あなたの中から引き出して

「今日も最高によい日でした♪」といえる一日を創り出していきましょうhappy01

« 覆いをはずせ! | トップページ | お知らせ »

♪一日のはじまりに♪」カテゴリの記事

コメント

先生、こんにちは。

今日も素敵なメッセージをありがとうございます。

最近、家中のお掃除を楽しんでいて、昨日やっとだいたいおわりました。

タンスの中をみていたら、私が数ヵ月前に書き留めておいた言葉が書いてある紙がでてきました。

中には(幸運は必ずやってくる)と書いてあり、なんだか、明るい気持ちになりました。

これも、偶然ではないと思って、毎日を大切に、今日も素敵な1日にしていきます。

■天使さん♪
こんにちは。
コメントどうもありがとうございます。
気持ちよくお掃除お片づけ、Goodですね。

このタイミングで、数ヶ月前に書いたメッセージを受け取る・・・天使さんのリズムでひとつのサイクルが終わり始まるところなのかもしれませんね。
幸せへの螺旋階段が一巡して、新しいフェイズを迎えるときなのでしょう♪
すべての恵みを楽しみましょう♪

リズ先生、とってもお久しぶりです。ふじこです!
やっぱりこのブログを読むと心が落着きます。
先生の日々の言葉、”どうして私の気持ちをわかるの?”
ってことばかり。これからも楽しみに読ませていただきますね。

私事ですが、5月に結婚し、今双子を妊娠中です!!
3月出産予定です。結婚、妊娠と変化が大きい中で
改めてリズ先生の本を読み直すことが多いです。
夫のことも一緒になって良くわかったことが沢山あります。
彼が長年悩んでいることなどを打ち明けられると
リズ先生の本を読め~!!と言いたくなることが多々あります。
でもこれって本人がその気にならないと
リズ先生の言葉も入ってこないんだろうな、と思い強制はしていません。

今はまだつわりで辛い日々ですが、ブログ、楽しみにさせていただきますね。

インフルエンザ、季節の変わり目の風邪などひかないように
ご自愛ください。

ではでは。

ふじこ

先生、こんにちは。
初めてメール送りますhappy01私は、23歳の新人看護師ですhappy01ちょっと前に先生の本に出会って、自分を肯定できるようになりました
けど、ちょっと、長年の私の悩みを聞いてほしくて…。過敏性腸症候群ってご存知ですかsign02
私、緊張するとお腹痛くなってゆるくなってしまうんです。いつの間にか『またお腹痛くなったら…』って思うこと自体がストレスで、本当にお腹痛くなってしまぅんです大丈夫な時は大丈夫なんですが、気にしすぎると本当に辛くて…。
お腹痛くなったら、トイレに行けばいいって割り切れば、それで終わりなんですが、変にいろいろ気にするから余計に悪循環で。
でも先生の本で、そんな自分を肯定しよぅって思ぇるようになりました。
ただ、ポジティブにそぅ思ぇる時もあれば、お腹痛くて凹んでしまぅ時もあって。
悪い方へ考えると、仕事中もこんなん続いたら辛いなぁとか、なんも考えんかったらもっと楽なのにとか、この先、好きな人できても緊張してお腹痛くなって、うまく付き合えなぃんじゃなぃかとか、いろいろ考えてしまうんです。
正直、私は家族や周りの友達、職場環境とかに恵まれてます。なので、悩み

先生お久しぶりです。
先生の個人セッションを受けたいとずっと思っていて、資金を集めようとしましたが、やはりほぼ自分のバイト代だけで一人暮らしをしている身分ではかなり厳しい状況です。大学の授業料等もあり、まさに極貧を味わってます笑。。。

なので最近また先生の本を読み漁り奮闘中です。
私はいつもなんとなく気力がないのです。
外出できないほど落ち込むということはない。
でも「これからこれをがんばろう!」という目標を立てることができないし、達成できた姿が想像できないし、何よりも自分の感覚が信じられないのです。どうありたいか考えようとしても、すぐに否定してしまいます。自分の声の何もかもを否定してしまうのです。

どんな自分の声も信じられないのです。。。
こんな症状のときはどんな段階を踏んでいけばよいのでしょうか?

ごめんなさい、名前が入っていませんでした。
みみです。いつもありがとうございます。

先生!私は人を愛する事ができないみたいです!まわりの人は皆いい方で、平凡で恵まれた毎日を過ごさせていただいている…と感じながも、どこかで疑っている自分がいて。これは私が愛されていると感じてないからですか?自分を好きになることだと言われて。自分に甘いと好きは違いますよね?トラウマがあるのでしょうか?この先がとてもとても不安です。

■ふじこさん♪
おお! 日本代表のミスふじこ、おかえり~♪

そうでしたか!
それはそれは、おめでとうございます。
月日の経つのを感じますね~。
月日の流れは色々なものをもたらせてくれましたね。
環境もまったく変わったことでしょうね。

これからは、家庭という環境の中で、ふじこさんの愛と可能性の力をまたさりに磨いて高めていくのですね。
ご主人様にもその愛が必ず伝わり、必要なメッセージは受け取ってくださることでしょう。

みんなで、よりラブリーにハッピーになっていきましょうね♪
また来てくださいね♪

お体にはくれぐれも気をつけて、とくに涼しくなっていますので温かくね。
今日もよい一日をお過ごしください♪

■アロマさん♪
こんばんは。
時間切れで、コメントバックが遅れてしまい失礼しました。
過敏性腸症候群の傾向がおありなのですね。
不安神経症的なものが身体的な表れをするのでしょう。
「大丈夫なときは大丈夫」そして「気にしすぎるとほんとうに辛くて」とありましたね。
全般的に神経症を治すには、そこがキーポイントです。
同じことをするとか、同じところへいくにも、どんなときは「気にならなかった」か、自己観察してみると、確かに別のことに意識が集中しているなど「気がそれている」ときだと思います。

まずは心配や緊張が、お腹にきちゃうタイプなんだな、ということを認めてあげて、あまりそれをどうにかしようとせず(どうにかしよう、とするとむしろ悪循環になることが多いので)それより、今日の目的、今すべきこと、(これはその時々を楽しむとかそういうことになるかと思いますが)そちらに気持を向けるようにしてみるとよいと思います。

そういう「傾向」というところはじゅうぶん認めてあげて、即座に治すということに焦らずに、何に関しても「テキトウにこなせればいいや」というゆるい気持ちでいるようにしてみましょう。

不安神経症は、「うまくやりたい」の気持がすぎて、「もし失敗したら」に気持がいきすぎて、「うまくやらなければ」ということばかり気にしてしまうようなあり方ですから、何にせよ6割主義・60点とれればじゅうぶん、て気持でいてみるようにしてはいかがでしょうか。
なにしろ、自分を追い詰めないことです。
だいじょうぶだいじょうぶ、たいしたことにはならないよ、と自分に言葉がけをしてね。

すべてをゆったり楽しんでくださいね♪

■みみさん♪
こんばんは。昨日は時間がなくお返事遅れてしまい失礼いたしました。

よく状況などお聞きしないとなんともいえないところですが、みみさんは、まずは、(私の行うサラージ・メソッドにおいては)深呼吸しながら「言葉がけ」です。
自分自身の味方になってあげるようにして。

みみさんは、横浜までは来られるところにお住まいですか。
セラピスト養成科でモニターを募っています。
水曜日の午後にいらっしゃることができれば、実習生からセラピーを受けていただくことは可能です。(可能な場合のみメールをくださいませ。info@saraag.com}

■ぽるほろんさん♪
こんばんは。
すみません、ちょっと内容が理解できません。
「愛することができないみたいです」とはどういう部分でそう思うのでしょう。
そもそも、実感として人を「愛している」と確信していつもいる人というのは少ないものです。
「愛されていると感じていないからですか。」・・・YesでもありNoでもあるような、色々お伺いしないとお答えしずらいです。
トラウマに関しては、おそらくあるでしょう、との見方をするのは妥当かもしれませんが、それよりご自分自身にそのような認識があるかどうかです。
好きと甘いは、もちろん、別のことでしょうね。

たよりない返答でがっかりさせてしまったら、ごめんなさいね。
でもね、ぽるぽろんさん、
「こんなにいい環境でじゅうぶん愛されている(であろう)のに、実感できない、疑ってしまう、という自分がどうしてもいる・ある、ということは確かなこと」なのでしょう? 
ならば、それで、仕方ない。仕方ないというか、それが今のあなたの自然なひとつの部分じゃないですか。

「愛されていると感じるべき」とか「愛されていることに感謝すべき」とか「自分を愛する」とかいうことを自分に課そうとしすぎているのかもしれませんね。

そのまんまの自分でとりあえず、自然、ということでよいではありませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覆いをはずせ! | トップページ | お知らせ »